Esthetic審美歯科・ホワイトニング

治療へのこだわり

審美歯科ならびにホワイトニングを行っています。患者さまのご要望を聞きながら、最適な治療をご提案させていただきます。

詰め物の治療方法

治療方法によって、見た目に違いがあるだけでなく、耐久性・清潔感の面でも違いがあります。
最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

使用する素材の違い

詰め物の治療に使われる素材は、大きく4種類に分かれます。ひとつは歯科用に強化した陶材を用いた白く美しい「セラミック」。次に体にやさしい金属「ゴールド」。そして保険診療が利用できる「銀歯」と呼ばれている銀合金とプラスチックレジンです。これらには主に3つの違いがあります。

違いその1:美しさ

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。小さな詰め物でも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

違いその2:耐久性

詰め物は精度が高く作られますが、時間の経過などにより歯との隙間ができることがあります。この隙間にはプラークがたまりやすく、虫歯が再発することもあります(二次虫歯)。このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間なくピッタリです。セラミックも特殊な接着剤を用いて装着するので歯としっかり一体化します。銀歯やプラスチックレジンはこれらと比較すると隙間ができやすく、二次虫歯のリスクも高くなります。

違いその3:金属アレルギー

金属の詰め物はお口のなかで少しずつ溶け出してしまうため、金属アレルギーを引き起こしたり歯茎が変色する場合があります。しかしゴールドは丈夫で腐食に強く、金属アレルギーが起こりにくい素材です。またオールセラミックやプラスチックレジンなら金属を一切つかっていないので金属アレルギーの心配はありません。

当院の治療メニュー

当院では健康保険を利用できる治療はもちろん、セラミック、プラスチックレジンによる治療(光CR治療)など様々な治療方法に対応しています。皆様のご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気兼ねなくご相談ください。

ゴールド

ゴールド(18K)です。

保険適用-
費用60,000円(税別)
美しさ★★
再発リスク最小
安全性★★★★
長所○丈夫
○歯になじみが良い
(保険の銀歯より)
短所○金属アレルギーになる可能性がある
○目立つ
○変色する

セラミック

セラミック(ニケイ酸リチウムガラス)です。

保険適用-
費用60,000円(税別)
美しさ★★★★★
再発リスク
安全性★★★★
長所○美しい
○目立たない
○表面が滑沢なため、汚れが付着しにくい
○金属アレルギーの心配がない
○ほとんど変色しない
短所○極度に強い衝撃を与えると割れることがある

銀歯

金銀パラジウム合金です。

保険適用
費用2,000円~3,000円
美しさ
再発リスク
安全性
長所○丈夫
○保険が適用できる
短所○金属アレルギーになる可能性がある
○目立つ
○変色する

歯科用レジン(プラスチック)

コンポジットレジン(プラスチック)です。

保険適用
費用1,000円~
美しさ★★★
再発リスク
安全性
長所○保険が適用できる
短所○擦りへる
○変色する
○色調に問題がある
○においが付きやすい

前歯の被せ物治療方法

前歯はお口の中で特に目立ちますので、歯の美しさ(審美性)を気にされる方が多いです。治療方法や用いる素材によって、見た目に違いがあるだけでなく、耐久性・清潔感の面でも違いがあります。
最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

プラスチックとセラミックの違い

前歯の治療に使われる素材は、大きく2種類に分かれます。1つは保険診療などでも使われるプラスチック。もうひとつはお皿などで使用される陶器を歯科用に強化したセラミックです。これらには主に3つの違いがあります。

違いその1:美しさ

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。プラスチックの食器が変色しやすいように、年数が経つと上のように差がでることもあります。セラミックならプラスチックのような変色はほとんどありません。

違いその2:耐久性

せっかく治療するのですから、いつまでも丈夫で長持ちすることも大切です。プラスチックは、歯ブラシでこするだけでも傷がつきますが、セラミックならそのような心配はありません。

違いその3:虫歯や歯周病のリスク

表面を顕微鏡で拡大して見ると、プラスチックの表面にはスポンジのように穴があいており、虫歯や歯周病の原因となる細菌(プラーク)がつきやすい構造をしています。一方、セラミックは表面が滑らかでプラークがつきにくく、歯みがきをすればしっかりと落とせます。

当院の治療メニュー

当院では健康保険を利用できる治療はもちろん、セラミック、プラスチックレジンによる治療など様々な治療方法に対応しています。皆様のご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気兼ねなくご相談ください。

ジルコニアセラミック(築盛あり)

ジルコニアセラミックです。

保険適用-
費用110,000円(税別)
美しさ★★★★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★★
長所○とても美しい
○ほとんど変色しない
○ほとんど擦り減らない
○金属を使わないのでアレルギーにならない
○清潔感が高く、汚れがつきにくい
短所○極度に強い衝撃を与えると割れることがある

メタルセラミック(フルベイク)

オールセラミックの中が金属になっています。

保険適用-
費用100,000円(税別)
美しさ★★★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★★
長所○美しい
○ほとんど変色しない
○擦り減りにくい
○清潔感が高く、汚れがつきにくい
短所○金属アレルギーの恐れがある
○極度に強い衝撃を与えると割れる恐れがある

メタルセラミック

陶材焼き付け用合金セラミックです。

保険適用-
費用80,000円(税別)
美しさ★★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★★
長所○美しい
○ほとんど変色しない
○擦り減りにくい
○清潔感が高く、汚れがつきにくい
短所○金属アレルギーの恐れがある
○極度に強い衝撃を与えると割れる恐れがある

ジルコニアセラミック(築盛なし)

ジルコニアセラミックです(築盛なし)。

保険適用-
費用60,000円(税別)
美しさ★★★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★★
長所○美しい
○ほとんど変色しない
○ほとんど擦り減りにくい
○金属を使わないのでアレルギーにならない
○清潔感が高く、汚れがつきにくい
短所○極度に強い衝撃を与えると割れる恐れがある

レジン前装(プラスチック)

金銀パラジウム合金+レジン(プラスチック)です。

保険適用
費用5,000円~
美しさ
耐久性★★★
清潔感
長所○保険が適用できる
短所○擦りへる
○変色する
○色調に問題がある
○金属アレルギーの恐れがある
○においが付きやすい

奥歯の治療方法

治療方法によって、見た目に違いがあるだけでなく、耐久性・清潔感の面でも違いがあります。
最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

使用する素材の違い

奥歯の治療に使われる素材は、大きく4種類に分かれます。ひとつは歯科用に強化した陶材を用いた白く美しい「セラミック」。次に体にやさしい金属「ゴールド」。そして保険診療が利用できる「銀歯」と呼ばれている銀合金とキャドカム冠と呼ばれるハイブリッドレジン(強化プラスチック)です。これらには主に3つの違いがあります。

違いその1:美しさ

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。小さな被せ物でも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

違いその2:耐久性

被せ物は、その精度や素材のかたさなどによって、使用できる年数に違いがでることもあります。ゴールドは丈夫さではナンバーワン、しかも柔軟性があるため歯としっかり密着します。セラミックも特殊な接着剤を用いて装着するので歯としっかり一体化します。銀歯はこれらと比較すると隙間ができやすく、二次虫歯のリスクも高くなります。

違いその3:金属アレルギー

金属の被せ物はお口のなかで少しずつ溶け出してしまうため、金属アレルギーを引き起こしたり歯茎が変色する場合があります。しかしゴールドは丈夫で腐食に強く、金属アレルギーが起こりにくい素材です。またオールセラミックなら金属を一切つかっていないので金属アレルギーの心配はありません。

当院の治療メニュー

当院では健康保険を利用できる治療はもちろん、セラミックなど様々な治療方法に対応しています。皆様のご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気兼ねなくご相談ください。

ジルコニアセラミック(築盛あり)

ジルコニアセラミックです。

保険適用-
費用110,000円(税別)
美しさ★★★★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★★
長所○とても美しい
○ほとんど変色しない
○擦り減りにくい
○清潔感が高く、汚れがつきにくい
短所○極度に強い衝撃を与えると割れることがある

ゴールド

ゴールド(18K)です。

保険適用-
費用85,000円(税別)
美しさ★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★
長所○ゴールドなので歯になじみが
良い
○丈夫である
短所○金色で目立つ
○金属アレルギーの心配がある

メタルセラミック

陶材焼き付け用合金セラミックです。

保険適用-
費用80,000円(税別)
美しさ★★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★★
長所○美しい
○ほとんど変色しない
○擦り減りにくい
○清潔感が高く、汚れがつきにくい
短所○金属アレルギーの恐れがある
○極度に強い衝撃を与えると割れる恐れがある

ジルコニアセラミック(築盛なし)

ジルコニアセラミックです(築盛なし)。

保険適用-
費用60,000円(税別)
美しさ★★★★
耐久性★★★★★
清潔感★★★★★
長所○美しい
○ほとんど変色しない
○ほとんど擦り減りにくい
○金属を使わないのでアレルギーにならない
○清潔感が高く、汚れがつきにくい
短所○極度に強い衝撃を与えると割れる恐れがある

メタルセラミック(オクルーザルメタル)

陶材焼き付け用合金セラミックです。

保険適用-
費用50,000円(税別)
美しさ★★★
耐久性★★★★
清潔感★★★★
長所○ほとんど変色しない
○清潔感が高く、汚れが付きにくい
○セラミック同士での噛み合わせを避けたいケースにおすすめ
短所○金属アレルギーの心配がある
○噛む面が金属なので目立つ

キャドカム冠

ハイブリッドレジン(強化プラスチック)です。

保険適用○(一部保険不適用歯あり)
費用5,000円(税別)
美しさ★★★★
耐久性★★★
清潔感★★★
長所○保険が適応できる
短所○擦りへる
○変色する
○色調に問題あり
○においが付きやすい
○衝撃を与えると割れることがある

金銀パラジウム

金銀パラジウム合金です。

保険適用
費用2,500円~3,500円
美しさ
耐久性★★★
清潔感★★
長所○保険が適応できる
○丈夫である
短所○銀色で目立つ
○金属アレルギーの心配がある

歯のホワイトニング

歯のホワイトニングとは?

「歯の黄ばみを分解し、本来の歯の色よりも白くすること」

◇ホワイトニング効果のある歯磨剤で毎日、歯を磨いているにも関わらず中々白くならない・・・

◇昔よりも歯が黄ばんできた・・・

などと感じたことはありませんか?

ホワイトニングについて

歯の色は加齢、食生活、遺伝によって内部から黄ばみが進行します。 歯みがきでは汚れを落とすことができても、歯の内部から黄ばみを取り除くことが出来ません。

医療機関では高濃度(過酸化水素8%以上)のホワイトニング用薬剤の使用が認められているため、歯の黄ばみを分解して、本来以上の歯の白さを獲得できます。近年、歯のホワイトニングの需要は高まるばかりです。

ホワイトニングが出来ない方について

※無カタラーゼ症、薬剤アレルギー、妊婦、授乳中、お子さん(16歳未満)、得意体質などのホワイトニングを行うことが出来ない方もかなりの確率で存在します。

当院では術前診査を行いホワイトニングの可否を調べます。術前診査にて残念ながら「否」と判定された場合にはホワイトニングが困難となります。「可」と判定された場合においても、ホワイトニング施術中に激しい痛みなどによって中止を余儀なくされる場合もあります。

当院のホワイトニングについて

当院では、できる限りホワイトニング希望される皆様のリクエストにお答えするべく努力を長年にわたって行ってきました。

かなりのホワイトニング効果が実現可能となりましたが、今だに100%の結果を得られていません。一部条件つきでホワイトニングを行っております。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

お家で自分で薬を専用トレーに入れて歯を白くする仕方のもの

オフィスホワイトニング

歯医者に来てもらい歯に薬を塗布して光をあてて白くしていくもの

その他のホワイトニング

他にセルフホワイトニングといって歯科医院とは違うホワイトニングクリニックサロンのホワイトニングもあります。違いは使用する薬の濃度が違うことと、サロンなどには専用の先生がいないことです。

誰でも使うことができる濃度が低い薬を使用しているため、歯の表面の汚れは取ることができますが、歯の中を白くすることはできません。

当院では安全性の高い薬剤を歯科医師、歯科衛生士、の管理のもと使用していますのでより安全でより確実な効果が得られます。

当院ではホームホワイトニングをメインに行っています。

ホームホワイトニングメリット

ホームホワイトニングデメリット

ホワイトニングの痛みについて

痛みも個人差がありホワイトニング中、ホワイトニング後に一時的なしみがある場合があります。

通常ですと24時間以内でおさまります。稀に強い痛みが出てしまう患者様には痛み止めを処方することもあります。
(ホームホワイトニングでの痛みが出た患者さんはほとんどいません)

当院ではホワイトニング中も出来るだけ患者さまに配慮しております。

ホワイトニングの後戻りについて

患者様の食生活にも左右されますが赤ワイン、紅茶、コーヒーなど着色がつきやすい物を好まれる方は後戻りしやすいです。

しかしホワイトニング前の色に戻ることはありません。一般的には3ヶ月~半年ぐらいから後戻りがおきるとされています。患者様本人がしっかり歯磨きを行い定期的にメンテナンスに来ていただくことで色のもちを維持することができます。

ホワイトニング流れ

  • 問診をいたします
    ホワイトニングをしても大丈夫な方とそうではない方がいます。
    出来ない人
    ・無カタラーゼ症、アレルギーなど
    ・妊娠中や授乳中の方
  • ホワイトニング前の検診
    ・歯周病検査
    ・パノラマ撮影(全体の写真)
    ・むし歯チェック
    ・知覚過敏チェック
    ・歯石除去、クリーニング
    ・歯の細かなひび割れの確認を致します。
    ・「歯のホワイトニングに関する同意書」にサインを頂けましたらホワイトニングの準備に入ります。
  • ホワイトニングの準備
    ・歯の色を機械で調べます。(シェードアップナビ)
    ・歯の色を確認するための写真撮影を致します。・ホワイトニング用マウストレー作製のための型とりをします。
  • 1~2週間後ホワイトニングマウストレーSET、ホワイトニング開始
    ・歯のクリーニングをします。
    ・痛みなどがないかマウストレーを合わせてみます。
    ・使用法に関する説明をします。(別紙にて)
    ・マウストレーにホワイトニング薬剤(ホワイトニングジェル)を入れてお口に装着してホームホワイトニング開始です。
  • ホワイトニングのチェック
    ホワイトニング開始2週間後にチェック
    ・しみや痛みがどの程度かの確認をします。
    ・トレー破損の有無を確認します。
    ・ホワイトニングジェルの使用量、頻度の確認をします。
    ・歯と歯ぐきの異状がないかを確認します。
    ・歯の色を機械で測定します。(シェードアップナビ)
    ・クリーニング及びホワイトニング促進剤塗布(Qホワイト)を行います。
  • 2週間毎に「ホワイトニングのチェック」を希望の色に漂白できるまで繰り返し行います。
  • 希望の色になりましたらホワイトニング終了となります。
    ・歯の色を機械で調べます。(シェードアップナビ)
    ・歯の色を確認するための写真撮影を致します。
    ・ホワイトニング後の注意事項を説明致します。
    ・個人差がありますが経時的に歯の色が黄ばんできますので(後戻り)、ご希望の方はホワイトニングジェルを追加購入頂き、再度ホームホワイトニングを行っていただくことが必要になります。
    ※詳しくはスタッフにお尋ね頂ければ幸いです。

ホワイトニングの料金

オフィスホワイトニング(医院で行う処置)

片顎前歯:6歯 3回塗布10,000円(税別)基本料金
上下前歯:12歯 3回塗布20,000円(税別)
6歯未満 3回塗布10,000円(税別

※白さを感じられるには3回塗りを3日以上行うのがお勧めです。(個人差があります。)

ホームホワイトニング(ご自身で行う処置)

上前歯:6本(マウスピース、ジェル2本)2週間分として15,000円(税別)
下前歯:6本(マウスピース、ジェル2本)2週間分として15,000円(税別)
上下前歯:12本(マウスピース、ジェル2本)2週間分として30,000円(税別
追加ジェル単体の販売 (ジェル2本:2週間分として)4,000円(税別)